僕たちがやりました第7話 窪田正孝演じるトビオの三角関係?その恋の行方は?

 

講談社「ヤングマガジン」で人気を博した、原作・金城宗幸、漫画・荒木光の「僕たちがやりました」を連続ドラマ化した同名作品です。

原作の再現率高い!と評判になっており、主人公トビオを演じる、窪田正孝さん(29歳)の高校生役が違和感ないことも話題になっています。

コミカルなタッチを盛り込みつつも、かなりエッヂのきいた若者の“そこそこ”を描く青春譚…だが、衝撃の展開が話題を呼んでいる本作。

SNSや独自調査を集計し、今アツい番組・人物・コトバからテレビの流行に迫る新指標「視聴熱」で連続1位を獲得するなど、いま名実ともにアツいドラマのひとつです。

このドラマの注目ポイントのひとつ“トビオの恋”はどうなってしまうのか?注目の7話を紹介します!

https://twitter.com/gg_eru/status/902875405832437762

 

飛び降りたトビオ。彼の“そこそこ”の人生どうなる!?

「矢波高爆破事件の犯人な、やっぱ俺らやねん」とパイセン・小坂(今野浩喜)。

出頭した男は、小坂の父によるでっちあげで、やはり真犯人はトビオ(窪田正孝)たちだったのだ。

黙っていれば真実は闇の中…と繰り返していたところに現れたのは、刑事の飯室(三浦翔平)。一生苦しめ、と飯室は4人に罪の意識を植え付けた。

そして…自然とバラバラになってしまった4人。

罪の意識から逃れられず、トビオはひとり、学校の屋上から飛び降りて…。

奇跡的に木に引っかかったことで、トビオは足の骨折だけで済んでいた。

妹に、自殺に失敗した感想は?と聞かれても、ぼーっとしてたら落ちた…と言って笑う。

そして、同じ病院に入院していた市橋(新田真剣佑)と偶然再会を果したトビオ。

トビオは「爆破事件の犯人、ニュースで見ただろ?俺たちじゃなかっただろ?」といつになく明るい様子で市橋に話しかけた。

トビオは飛び降りる瞬間に決めたことがあったのだ。「死んだら、それで償おう。でももし生きたら、新しい俺を始めよう―」…と。

そんな入院するトビオのもとに、蓮子の友人・由佳(岡崎紗絵)が見舞いにやってきた。

なぜ蓮子に連絡をしないのか、と怒った様子。

そう、トビオが逃亡生活を終えた先日、蓮子と“カラオケに行く”と口約束をしたまま、彼女に何の連絡もとっていなかったからだ。

それぞれの想いを抱える、3人は?どう思ってる?

伊佐美(間宮祥太朗)は罪の意識に苛まれ、矢波高爆破事件の犠牲者となった生徒の家を訪れ、線香をあげていた。

そして、残された親に、会ったこともない被害者との思い出を話すのだ。

学校は違ったけど俺が落ち込んでるときは励ましてくれて…お母さんを海外旅行につれていきたいと言っていた…など、ありもしない思い出を並べては、罪の意識を消そうとしていた。

そして必ず、被害者の家を出ると、激しく嘔吐してしまう…そんな繰り返しだった。

小坂はひとり、トンネルの中に止めた自身の高級車の中で過ごしていた。

金持ちよろしく、好きなものを食べ、好きなものを飲み散らかしている。

飯室の言葉によって、自分が父から愛されているから助けられたわけではないと知った小坂。愛とは一体なんなのだろうか…。

マル(葉山奨之)はと言うと、飛び降りたトビオのことも気にせず、いつも通りの日常を過ごしていた。

ある日、小坂に出会ったマルは、小坂から、父のことを菜摘(水川あさみ)に聞いてみようと思っている、と聞かされた。

そんな小坂の話を聞いたマルだったが、自分は「熱海においてきた愛を探しにいきたい」と言い、熱海のキャバクラ嬢に愛を確かめに行くため、小坂から40万円の“チャージ”をもらうのだった。

小坂は、菜摘のもとを訪れた。自分は父親の輪島宗十郎(古田新太)の愛人の子供で、会ったこともないから父親のことを教えてほしい、と言う。

それを聞き驚いた様子の菜摘だったが、自身の話を始める。

菜摘の両親は工場を営んでいたが、資金繰りに困り輪島から借金。

しかし返済に困り、輪島に追い詰められた両親は、自殺してしまったという。

輪島は、返済能力がない人間に借金をさせ、保険金で返済させている。「あいつは人の命を金に換えてるの」と菜摘。

葬儀の際に、幼かった小坂を見たと話す菜摘。泣いている菜摘に、小坂は声をかけ、美味しいものでも食べろと、子供であるにも関わらず菜摘に金を差し出したのだ。

復讐をしようと輪島を探していた菜摘は、高校で小坂を見かけ、驚いたという。そして、小坂から輪島のことを聞き出そうとして、弁護士・西塚(板尾創路)にも近づいたのだ。

絶対に許さない、という菜摘の言葉に、小坂は自分は父親のことを探し出し、自分のことをどう思っているのかを聞きたい、と言う。

そして、輪島を見つけたら菜摘にも報告すると約束をするのだった。

トビオと市橋、深夜のカラオケに!美声を披露。トビオは蓮子以外の女子とデートにいくが…?

 

一方、トビオは、市橋とともに病院を抜け出し、カラオケに。静かな市橋とは対照的に、トビオがテンション高めで歌っていると、市橋が「正直、お前のことカスだと思ってた」と話し出した。

市橋は、自信のないやつが嫌いなんだ、と。

そして、そういう人間は不満を抱えていても戦おうとしない、そういうのを見てるとイライラするんだ、と続けた。そして

「お前も同じだと思ってた。でも違った。胸張って生きてるって感じで、いいよ。トビオ、お前」と表情を和らげるのだった。そして市橋も歌い出した。

その日を境に、リハビリ室でも市橋と競い、その他の時間も市橋と過ごすようになったトビオ。

事件後どん底を味わったトビオは、“あれだけの思いをしたんだ、幸せになってトントンだろ”と新たな自分になることを決意し、リハビリ担当医・みなみ(水沢エレナ)に積極的にアプローチをしていた。

その甲斐あってか、LINEの交換に成功、明日の退院後、みなみとのデートにもこぎつけた。

トビオの蓮子への想いは?市橋の恋を応援?そして今宵は?

みなみとのデートに浮かれるトビオ。

その様子をみた市橋は「蓮子とはどうなの?」と尋ねた。曖昧な答えをするトビオだったが、逆に市橋と蓮子はどうなのか、と質問をする。

すると、市橋は蓮子に告白したことをトビオに話した。

その言葉に、ガンガンいけ、応援する、とトビオは言うのだった。

一方蓮子は、その市橋に呼び出されていた。

久々に会った市橋に、蓮子は「トビオと一緒なんでしょ」と聞いたものの、退院した、と言われ、一瞬表情を曇らせる。しかし市橋が、あれほど殺したいと思っていた相手なのに、今では結構仲がいい、怪我をしなければわからなかった、と続けると、前向きになった!と蓮子は笑った。

市橋は、蓮子を祖母の入院する病院に連れて行った。

祖母は、蓮子が市橋の彼女だと誤解していて、市橋の入院時から蓮子のことを気にかけていたからだ。

トビオはみなみとデートに来ていた。

公園の芝生に弁当らしきものを広げ、楽しい時間を過ごしている。

一瞬の無言ののち、みなみはトビオにキスをするのだったーーー。

伊佐美は、爆破事件の被害者の家をまわり終えていた。

これで今宵(川栄李奈)とこれまで通りに愛を確かめ合える…と思いながら。

しかし、一方で今宵は、部屋でひとり、陽性反応の出た妊娠検査薬を眺めているのだった。

「今のって何のキス?」衝撃展開ラスト5分!トビオと蓮子はとうとう…。

みなみとのデートを終え、自宅まで車で送り届けられたトビオ。

そこにいたのは、蓮子だった。蓮子の顔を見ると、トビオは以前と変わらない様子で蓮子に話しかける。

今のは誰かと尋ねられ、リハビリの先生、とトビオが答えると、蓮子は、自分に言うことがあるのではないか、とトゲトゲしく言う。カラオケ行こうって言ってたのに…とふてくされている。

市橋とデートだったんだろ、とトビオが言うと、市橋の祖母の病院に連れて行かれただけと答える。

さらに「市橋とはどうなの?」と尋ねられ、蓮子は「キスされた」と言った。

その答えに、トビオは蓮子にキスをして…。

「今のって何のキス?」と蓮子。

一瞬考えたトビオは「嫉妬かな…」と呟いた。

すると蓮子が、今から家に来るか、と誘うのだった。

蓮子の部屋に入ったトビオは“俺は馬鹿だ。

いくら自分の気持ちにフタをしたって新しい俺になんかなれやしないのに”と思う。

そしてとうとう、トビオは蓮子と一夜をともにすることに—-。

蓮子に好きだっていうのは本当だから、と言われ「ごめん俺、本当に幸せ…」と蓮子の髪に顔をうずめながらトビオは涙を流す。

そして、俺たちつき合おう?とトビオが言うと、蓮子も静かに涙を流してうなづくのだった…。

https://twitter.com/misato9393/status/900578493708222464

 

「僕たちがやりました」激動の7話。蓮子との恋は?

とうとう蓮子と結ばれたトビオ。

7話の最後に描かれるベッドシーンも話題になりました。

やはり“自分の気持ちにフタをしても”蓮子のことは諦められなかったんですね…。とうとうトビオと蓮子は両思いとなってつき合うことになりますが、市橋の蓮子への思いはどうなるのか?

今宵の子供はトビオの子供ではないのか?

蓮子との恋、トビオとの友情、伊佐美との友情…そして真犯人であるトビオはこのあとどうするのか?

7話のラスト、トビオの涙が切なすぎて…飯室の言ったとおり、幸せを実感するために犯した罪を思い出すんですね…。

「僕たちがやりました」8話予想。蓮子との甘い時間は長続きする?

マルを除き、それぞれの心の中に釈然としないものを抱える3人。

真犯人であることを知ってしまった自分たちが、どうすべきなのか、真剣に考える時が来そうです。

トビオはやっとのことでつき合うことができた蓮子に、どんな言葉で真実を伝えるのでしょうか?

蓮子のことを思えば、少しでも長く甘い時間を過ごして欲しい…と願うばかりですが、彼が犯人だという事実は変えようがなく…見てる方はモヤモヤした展開になるでしょう。

“そこそこで良い”はずだったトビオの人生、そしてトビオの恋。

激動の7話から、衝撃の8話となるのか?闇も深まりそうな今後の展開からも目が離せません!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です