「おんな城主 直虎」第36話!井伊家再興を断念 寺田こころの演技がスゴイ!

おんな城主 直虎36話は

直虎が井伊家の今後をどうするかで悩んだ挙句に

井伊家再興を断念してしまいます

あれほど井伊家の殿としてあきらめずに頑張って来たものの

あきらめることで得られるものもあると決断しました

それによって龍雲丸柳楽優弥との関係も進展できたのでしょうか

見どころのシーンを合せて紹介しますね

スポンサーリンク

再興すべきしない悩む直虎

 

今川が徳川と和睦をしたことで

井伊家の今後がどうなるかに注目された36話

これまで井伊家を守ろうとした直親

政次らのことを思えば何としてでもその機を待つしかないと考えていましたが

これ以上悲しみを増やしたくないという気持ちに駆られます

お家存続のために無駄な死を招くことにどう対処していいのか

その無力さで自信を責める直虎

龍雲丸はそんな悩める直虎に

やりたいようにやればいい提案します

それができなくて悩んでしまっている直虎を見て

南渓和尚はついに決断を下します

南渓和尚が直虎を当主にさせたわけですから

苦悩のたびによりそう気持ちは親のようにもありますね

小林薫さんの優しいまなざしは慈悲深さを感じます

南渓和尚直虎をおとわに戻す

 

苦悩を続ける直虎に

南渓和尚が直虎に当主から戻し還俗を言い渡します

直虎は心の中で自分の無念さを感じながらも

南渓和尚にこう言われなかったらもしかしたら

さらに井伊家再興に奔走したかもしれません

南渓和尚はこれまで直虎は小さい頃から竜宮小僧として人に役立つことをするのが一番のやりがいだと信じて来たので

これからは自分のやりたいことを行えるようにしたいという親心のようです

井伊家再興を目指せば

必然的に直虎は今のままでやりたいことをしないままの人生になるのは

忍びないとも考えたのでしょうね

幼き日に寺に入り修行の日々から

次郎法師となるまでに人のために奔走する姿は印象的でした

思えば政次との別れを自らが決行したのも

仏門にあるものだからこその思いがあったからではないでしょうか

納得いかない虎松

 

南渓和尚と直虎が虎松のところへ話に行くと

虎松は井伊家再興の方向に行くと信じていたため

思いもしない井伊家が無くなることに納得がいきません

あきらめてはいけないとおっしゃった殿の言葉は嘘だったのですか

詰め寄る虎松

子供といっても継ぐ覚悟をこれまで持ってきただけに

釈然としないのは当然ですよね

松下家は子供がいないので

貫地谷しほりいる松下家へ迎え入れてもらえるのは願っても無い話だといいますが

松下家へも行かないと言い張り泣きわめいてしまいます

寺田こころさんのこの演技素晴らしかったです

あの美しい瞳から流れる涙は共演者も迫力を感じたのではないでしょうか

それが見たくてBSと総合で2回も観てしまいました

結局南渓和尚が虎松と話をじっくりして結論として松下家へ入ることになります

松下家当主も利発な虎松を快く受け入れます

ようやく実母のもとへ行けるようになったのは結果的に喜ばしいことですよね

スポンサーリンク

龍雲丸が告白

直虎は井伊家再興をあきらめそれぞれの道へ進むことを

亡き人たちへお知らせするために経を唱えます

そこへ龍雲丸がやってきてこれからどうするのかと直虎は声掛け

相談に乗れることがあればと促します

龍雲丸は好きなおなごがいるんでさあ

伝えさらに相手の女性の名前が分からなくて困っていると伝えます

その相談に動揺を見せつつも直虎は

その手の相談は疎くてな答えます

龍雲丸は直虎の勘の悪さに笑ってしまいます

ついにずっとそばに居たい人はあんたなんだ

直虎に告白そしてあんたよりも先に死ぬことはない言い切ります

次々に大切な人を亡くして来た直虎にとって

これほど安心出来る言葉はないでしょう

何があるか分からない時代であっても

龍雲丸の自信に安堵できたでしょうね

もちろん直虎もうすうすはその気持ちに気づいていたでしょうね

35話で手を握るシーンがありましたしね

自分は運の悪い女であると伝えますが龍雲丸の気持ちを受け止めます

いつもの尼頭巾をベールのように外して

抱きしめてキスをするシーンはとても美しい姿でした

尼頭巾があるままではどうも女性という視点が薄められてしまいますね

女性としてのしあわせをようやく手に入れられるおとわ戻った瞬間でした

でも大河ドラマでもこういう演出もあるんですね

まとめ

 

36話では直虎が井伊家再興を諦めることから

虎松龍雲丸その他隠れ里の人々にも大きな転機となりました

おとわとして龍雲丸と暮らすようになるものの

時代は大きく変わりまた戦の波に翻弄されるようです

しかしこだわり続けた再興によって得られるものがなければ

あきらめる決断もこれからの井伊家の面々に良い導きになったのではないでしょうか

それぞれの心の中で生きている井伊家と高瀬も言いきっていましたしね

形ある井伊家ではなくても心の中に生き続けるものは誰も消すことは出来ません

今回はそんな気持ちにさせてくれた心地よいラストになりました

スポンサーリンク