ひよっこ キャストとレトロでおしゃれな衣装を紹介!

 

今、話題のNHKの朝ドラ「ひよっこ」ですが。

お話がおもしろいのはもちろんですが、

出てくる役者さん達の衣装がとてもかわいく目を引きます。

このドラマの衣装を担当しているのは宮本茉莉さん。

そして鈴子さんを演じる宮本信子さんの衣装を

担当しているのが伊藤佐知子さんになります。

スポンサーリンク

すずふり亭のユニフォームがとてもかわいいんです。

襟の形といい、ワンピースのラインといいとてもかわいく仕上がっています。

みね子(有村架純)と高子(佐藤仁美)で

色の違い襟の形やボタンなど微妙にデザインが違うのも見どころです。

始めの頃のみね子の襟の形は丸襟でしたが

今は高子と同じで尖った襟になっています。

仕事ができるようになって着たら襟が尖るのでしょうか?

お店の雰囲気も良くていつも出てくる洋食も

とても美味しそうでこんなお店があったら行って見たいですね。

鈴子さんの衣装

すずふり亭の女主人の鈴子さん(宮本信子)の衣装もまた素敵です。

鈴子さんの服は伊藤佐知子さんが監修しているようです。

伊藤佐知子さんといえば同じくNHKドラマ「奇跡の人」

で宮本信子さん演じる風子さんの衣装も担当していました。

いつも色使いも素晴らしくて柄と柄を合わせていても

とてもきれいにまとまっているのです。

そしてドラマの中のキャラクターをとても的確

に捉えていてスタイリングがとても上手な衣装プランナーさんです。

また舞台や映画の衣装も多く

担当していてチラシなどで名前を拝見するたびに

衣装だけでも見たくなってしまう方です。

それ以外にも宮沢りえさんとのスタイルブックも出版していたり大活躍です。

今回の鈴子さんは落ち着いたスタイリングになっていますが

色使いがやはり素敵です。

みね子の住むアパートの大家さん富さん(白石加代子)

とも対照的にするために落ち着いた色味なのかもしれません。

それでもスカーフの巻き方など細かいところがおしゃれになっています。

スポンサーリンク

富さんの衣装

髪型といい着物といいいつも素敵です。

髪型は地毛にあんこを入れて結っているといっていました。

最初の頃は結うのに1時間ほどかかっていたようですが

今は40分ほどでできるようになったと。

またいつも鼈甲のかんざしをさしていて素敵な髪型です。

いつも着ている着物も派手すぎず、地味すぎず、

少し個性的な元人気芸妓のキャラクターだからでしょう。

いつもは不思議な雰囲気をもつ富さんですが

最愛の人が亡くなったことを知った富さんが

喪服を着た時のいつもとは違う空気でさすが白石加代子さんだなと。

最近は着物から洋服に変わりましたが、

洋服もまた素敵に着こなしています。

そして、着物から洋服に変わったことでかんざしから髪飾りも変わっていました。

先週の回では衣装が作る空気もありますが

この女優さんは自分で作り出す空気感がすごいなと毎回感じます。

本当に大好きな女優さんです。

愛子の衣装

みね子の先輩の永井愛子(和久井映見)。

彼女もいつも素敵なワンピースを上手に着こなしています。

また、和久井映見さん自体もとても素敵な方で

とても上手に衣装を着こなしています。

ひよっこの中でも個性の強いキャラクターです。

それとは逆に衣装はいつも落ち着いたもので、

でも地味なわけでもなくパジャマは水玉だったりとかわいさは忘れていません。

 

宗男の衣装

みね子の叔父宗男(峯田和伸)。

ビートルズが大好きなみね子の叔父です。

髪型もマッシュルームでインパクトがありますが

音楽大好きなロックなパンタロンルックで。

峯田さんも音楽家ということもありとても似合っています。

今回のドラマはインパクトのあるキャラクターが多くて衣装も含めて見ていて楽しめます。

峯田さんも「奇跡の人」のメンバーですが

今回のひよっこでは重要な役どころで物語のおもしろさをさらに引き出しています。

 

幸子の衣装

乙女寮の仲間の幸子(小島藤子)。

しっかり者でメンバーの中でもお姉さん的存在の彼女ですが

着ている服も皆よりも落ち着きがあって、

色使いもインパクトがあります。

青のカーディガンがとても素敵で似合っていました。

時子の衣装

みね子の幼馴染の時子(佐久間由衣)。

女優志望だけあっておしゃれさんです。

皆よりも明るめな色を使って少し目立つようにしているのでしょうか。

また足も長くてスタイルにいい女優さんなのでミニスカートがとても似合っています。

昭和60年代という設定もあるのでしょうが

今の時代から見ていてもお洒落な時代です。

そして皆が丁寧にものを作っていた時代なんだなとこのドラマを見ていて感じます。

時代物だからこそ衣装がドラマを作る上でも大切なポイントになりますし、

このドラマを見ていると衣装だけでなく

小道具も作り手のこだわりを感じます。

みね子の今回のワンピースはお下がりでもらったものだとか、

母親が手作りしてくれたんだろうとか考えながら見ているとさらに物語がおもしろくなっていきます。

ドラマの中の一つ一つのセリフが魅力的な「ひよっこ」。

もう少しで終わってしまうのが悲しいです。

スポンサーリンク