「将棋めし」ロケ地と今日の勝負めしで紹介されたお店のまとめ

 

内田理央さん演じる峠なゆたは、小学生の時から父親に師事。

 

史上初の女性プロ棋士を目指しています。

毎回、対局中に何を食べるか真剣に考えます。

そして番組の最後には、その勝負めしを食べることができるお店も紹介されます。

 

藤井聡太四段やひふみんこと加藤一二三九段などの活躍で将棋への関心が高まっている今、タイムリーなドラマです。

 

「将棋めし」では将棋の対局の解説もしてくれるので、将棋に詳しくなくても将棋を知ることができます。

 

そしてなんといってもこのドラマの主役は将棋と、もう1つ、なゆたが対局中に食べる「勝負めし」。

 

 

このドラマが撮影されたロケ地と、その出てきた勝負めしを食べることができるお店をまとめてみました。

 

 

将棋めし見逃し配信はフジテレビオンデマンド
お試し無料で見れます。スマホOK!

 

ロケ地 将棋会館

https://twitter.com/shogi_meshi/status/894376284846833664

まずはこの将棋会館。

対局シーンではたびたび登場します。

映画「3月のライオン」もここで撮影されました。

2階の道場は一般の人たちが将棋の対戦をすることができるので、夏休みの時期には子供たちがこの道場で将棋をさす風景が見られます。

 

 

1階の販売部では将棋ファンなら感激もののグッズや棋士直筆のサインなどが販売されてます。

 

エントランスには藤井四段のコーナーや将棋マンガを紹介する掲示板があり、将棋に詳しくない人でも入りやすい雰囲気になっています。

ロケ地 鳩森神社

https://twitter.com/kyuyaakizora/status/902150324705673216

将棋会館の近くにあり、高さ120㎝の大駒が奉納されている「将棋堂」があります。

将棋が強くなりたいと祈願をする人が絶えません。

境内に下げられている絵馬にも将棋に関するお願いごとが多数見られます。

将棋界の聖地と呼ばれている場所です。王手守というお守りを購入することができます。

 

第1話でゆなたが宝山貴善に声をかけられた場所です。

ロケ地 須賀神社

第3話で父親の峠はじめがなゆたに、うな重の説明をしていた階段があります。第4話でも登場しました。

アニメ「君の名は。」に登場する階段のモデルとしても知られている場所です。

四谷3丁目駅から徒歩6分ほどです。

ロケ地「一堂」

ドラマの中でなゆたたちが、行きつけのお店としてたびたび行くお店です

JR千駄ケ谷駅から徒歩1分。

一軒家居酒屋の「一堂」。

隠れ家的な店構えでお料理がおいしいと評判のお店です。

第1話の勝負めし「ほそ島や」

第1話の勝負めしとして、なゆたは「ほそ島や」のカレー丼を注文しました。

第5話では、本当はなゆたは「ほそ鳥や」のかつ丼を注文したのですが対局相手に食べられてしまい、結局なゆたが食べたのは玉子丼でした。

 

第7話でも対局中の勝負めしを、「ほそ鳥や」の冷やし中華にしています。

ちなみにカレー丼は藤井聡太四段もお好きなのだとか。

神宮前の裏通りにある、おそば屋さんです。

第2話の勝負めし 千寿司

https://twitter.com/shogi_meshi/status/905045023200129026

 

第2話の勝負めしでは、格上の相手と対局することになったなゆたが、気合を入れるためにいつもより高級な千寿司の「特上しらし寿司」を注文しました。

 

千寿司は明治通り近くにあるお店です。

夜は高級なようですが、ランチなら1000円代のメニューがあります。

第3話の勝負めし ふじもと うなぎ店

第3話の勝負めし

将棋の世界ではうなぎは縁起の良い食べ物とされています。

お店は老舗らしく歴史を感じさせる雰囲気です。

ひふみんこと加藤一二三九段はふじもと開店当時から、50年近くここのうなぎをよく食べておられたとか。

 第4話の勝負めし rinato KITCHEN

ずっと和食でくるのかと思いきや、第4話の勝負めしは、まさかのロコモコ丼。

お店が定休日でロコモコ丼を食べることができなかったなゆたは、対局中にロコモコ丼が食べられなかったことで心に迷いが生じていると判断し、ロコモコ丼を注文したのでした。

 

将棋は切磋琢磨な真剣勝負なので、そんな事?!と思うようなことも、迷いとなって対局に影響するのかもしれません。

 

それでも、この勝負めしのチョイスは驚きでした。

 

rinato KITCHENは代官山にある、からだにやさしいオーガニックレストランです。


(住所)東京都渋谷区代官山町16-2 2F

第6話の勝負めし 紫金飯店 原宿店

https://twitter.com/shogi_meshi/status/907974739561295872

第6話の勝負めしは、紫金飯店 原宿店の五目中華丼。

これはなゆたが頼んだ勝負めしではなく、対局相手の杜谷が選んだもの。

中華丼という日本で工夫してできたオリジナル料理を食すことによって、いつもとは違う工夫をこらしたオリジナルな一手をさしたいという思いで選ばれた勝負めしでした。

 

 

紫金飯店 原宿店は大衆向け中華といった感じのお店で、昼も夜も人気です。

まとめ

「将棋めし」を見ていると、勝負をかけて真剣に勝負めしを選ぶさまに、対局中の熱戦と同じくらい熱いものを感じてしまいます。

 

もちろん実際には、勝負飯に無頓着な棋士さんもおられると思いますが、あの加藤一二三九段も、テレビで「対局中はゲンをかついでメニューを選ぶことがある。」とおっしゃっていました。

 

 

「将棋めし」のおかげで、これから実際の将棋の対局も楽しめそうです。

 

 

将棋めし見逃し配信はフジテレビオンデマンド
お試し無料で見れます。スマホOK!

スポンサーリンク