「植木等とのぼせもん」5話 志尊淳とは?演技は上手い?経歴とプロフィール

 

 

植木等とのぼせもん見逃し配信はU-NEXT
お試し無料で見れます。スマホOK!

 

 

9月30日の「植木等とのぼせもん」第5回の見どころは、ズバリ!

志尊淳さん演じる松崎が「小松政夫」の芸名をもらうこと。

初デートのその場で失恋してしまう彼が、その痛手から発した言葉が思いがけない台詞となり番組に採用されること。

小松政夫さんを演じている、志尊淳さんってそもそもどんな経歴の持ち主なのでしょうか?

演技の実力も過去の作品からさかのぼって見ていきますね。

スポンサーリンク

 

志尊淳さんのプロフィール

 

  • 1995年3月5日生まれ(22歳)
  • 東京都出身
  • 身長 178 cm
  • テレビドラマ、舞台、ミュージカル、バラエティー、モデルで2011年から活動
  • 本名と芸名同じ

志尊淳ミュージカル俳優としてデビュー

東京生まれの志尊淳さんは、そのルックスからスカウトされる機会が多かったために、芸能界への関心が高かったそうです。

読者モデルで活躍した経歴もあり、2011年に「ミュージカルテニスの王子様」でミュージカル俳優としてデビューされています。

 

志尊淳戦隊もので人気が出る

その後2014年に「烈車戦隊トッキュウジャー」の主演ライト役に抜擢されてから、話題の俳優となり急上昇して人気を集めて来ています。

お子さんだけではなくママ世代にも人気となるきっかけとなりました。

志尊淳多方面で活躍中!

一方、バラエティー番組にも出演しているので、モデル業、俳優、バラエティーと今後の活躍も更に期待されますね。

「植木等とのぼせもん」では、実在の人物である小松政夫さんを演じておられるので、かなりのプレッシャーもあるでしょうが、これまでにはない志尊淳さんを観られる魅力もあります。

 

https://twitter.com/tochu220/status/908933497313648641

https://twitter.com/p_yama_sweeties/status/914097245108060160

志尊淳さんの演技力は?

戦隊ものでは、デビューした新人を抜擢するのでどちらかといえば、演技力はあまりうまいとはいえない評価が目立つ中、志尊淳さんの演技はそんな評判の悪さもなく走り出しも好評だったと考えられますね。

 

「植木等とのぼせもん」では、第2回で母親との電話をするときの号泣シーンも自然でした。

 

今回は、初デートで失恋をしてしまうのですが、みよ子(武田玲奈)といるときの演技よりもその後、クレイジーキャッツの面々にいじられるシーンが良かったです。

オヤジさんからの好意で靴までプレゼントされて、足元から身だしなみをしっかりと整えて浮かれ気分で出かけた初デート。

てっきり、視聴者もみよ子も小松に恋心があるかもしれない?と思っていたのではないでしょうか?

映画が終わりみよ子から恋の悩みを聞いているときまで、小松は自分との思いを語っていると手ごたえを感じたのですが、良く聴いているうちに、俳優の久野(中島歩)に憧れていることが分かります。

スポンサーリンク

『知らない!知らない!』のギャグ誕生

 

失恋の痛手がとても分かりやすい小松。
そこで谷啓が目にしたのが、小松の「知らない!知らない!」と体をひねりながらちょっとオカマっぽい言葉。

小松政夫さんのギャグを当時から知っている方なら、昔を思い出させてくれたのではないでしょうか?
当時を知らない世代でも、深刻な失恋でありながらも周りまで笑いの渦に巻き込むギャグはウケたと思えますね。

確かに有頂天の初デートで失恋をしてしまう急降下の小松にとれば、お先真っ暗だったかもしれません。
「転んでもタダでは起きない」精神がうまい具合に仕事に役立つようになったのですね。

https://twitter.com/eriko0210/status/914093478241476608

 

小松のこの言葉に目をつけた谷啓は、「知らない!知らない!」というオネエっぽい言葉をギャグとして番組で採用します。

小松は、緊張感もありながら収録へ挑むのですが、上手くオチとして言い切ることができました。

本当に、「知らない!知らない!」なんていう言葉は、暮らしの中に当たり前にあるものなのに、ギャグとして見つけた谷啓さんも素晴らしいですがそう感じさせた物言いをした当時の小松政夫さんもそれだけ笑いを取る要素をお持ちだったのでしょうね。

 

植木等夫妻の思いやりを感じる!

今回の小松の初デートで、植木等夫妻の思いやりを感じずにはいられませんでした。

仕事を休んで妻・登美子(優香)の買い物に付き合うように小松は植木からいわれたのですが、同行すると植木の父・徹誠(伊東四朗)も一緒でした。

植木の靴を新調するという大義名分だったので、買って帰った後に植木は靴がどうしてもあわなくて履けないといって、「返すわけにもいかんだろうし、お前が履いたらどうだ?」といってプレゼントします。

初デートへ新しい靴を履かせて行かせたい親心ですよね。

靴のプレゼントというのは、他の物とは違う思いが込められると思います。

おしゃれは足元からとよく言われますが、人格も足元から見られやすいものですよね。

また、徹誠も恋に関心を持つようになった小松に、息子である等の結婚前の話をちらっとするところも微笑ましいものです。

小松政夫ではなく「どん たくお」でも満足していた!

今回、「小松政夫」の芸名を植木からもらうのですが、もちろん、感激します。

小松は、「どん たくお」とメンバーから冗談で芸名をいわれたことがあったのですが、博多出身なのでそれでも満足していたわけですから、植木から一笑されてしまいます。

 

有名になったときに「どん たくお」では困るだろうという親心とこれからのヒットを願う師匠の心がこもっているシーンでした。

まとめ

 

今回の「植木等とのぼせもん」は、小松政夫役の志尊淳さんに注目する展開がありました。

植木を語るには、小松の存在に光を当ててこそ、映し出される人情や師匠の思いがあるでしょう。

志尊淳さん演じる小松政夫の今後の活躍も期待したいところですね!

 

 

植木等とのぼせもん見逃し配信はU-NEXT
お試し無料で見れます。スマホOK!

スポンサーリンク