「植木等とのぼせもん」6話 伊東四朗演じる父親!「電線音頭」は自らの振り付けだった!

 

 

植木等とのぼせもん見逃し配信はU-NEXT
お試し無料で見れます。スマホOK!

 

 

10月7日の「植木等とのぼせもん」第6回の見どころは、オヤジの思いです。

オヤジさんと呼んでいる小松(志尊淳)のことをどう考えているのかと、植木の父・徹誠(伊東四朗)から問い詰められる植木(山本耕史)。

植木徹誠さんを演じている名優・伊東四朗さんのこれまでの経歴を紹介しながら、ドラマの見どころも見ていきます。

スポンサーリンク

 

伊東四朗さんのプロフィール

  • 1937年6年15日 生まれの80歳
    俳優、コメディアン、タレント
  • 生まれも育ちもチャキチャキの江戸っ子。
  • スカウトされ芸能界入りし、その後三波伸介・戸塚睦夫と「てんぷくトリオ」を結成。
  • 徐々にテレビ出演なども増えて、お茶の間に欠かせない俳優に。
  • 「電線音頭」は一世風靡、「ニン」というギャグ、「ベンジャミン伊東」というキャラクターで不動の人気を得る。

  • 朝ドラ「おしん」で主人公の父親を演じて世界的にも高い評価を受ける。

  • シリアスな役柄からコメディまで、また、時代劇から現代劇まで幅広くこなす。
  • 大河ドラマ「平清盛」での白河法皇役で好演。

  • 「笑ゥせぇるすまん」がドラマ化されたときには、喪黒福造を熱演。

 

植木等さんは、伊東さんの10歳先輩!

今回、伊東さんは植木等さんの父親役を演じられています。

ここぞというときに、等にはオヤジらしい名言を伝えます。

植木等の売れっ子ぶりに対しても、謙虚な父親でおごりすらありません。

スポンサーリンク

伊東さん植木の自宅へ訪問したこともある

10月4日の朝イチ プレミアムトークに伊東四朗さんが登場していたのですが、植木等さんは10歳先輩であり懐かしい思い出話も語られていました。

植木さんについてとにかく配慮を自然にして下さる方で職場も自宅に招かれたときも何も変わらないことを話していました。

植木さんの父親については、自宅にお邪魔したときに見かけたという程度でしかないので、それでかえって先入観なく演じられたとおっしゃる姿もありましたね。

ただ、浄土真宗の僧侶でもあったわけなので、人様の悩みや苦しみに声をかけ手をかける心もちがあったのではないかと想像しています。

伊東四朗さん頑固な親父役をこれまでも名演!

それほど縁の深い植木さんの父親に抜擢されたのも、伊東四朗さん以外ではあり合えなかった話ではないでしょうか?

植木さんのことを素晴らしい俳優、コメディアンであったと語る伊東さんですが、伊東さんも昭和を語るに無くてはならない存在だと思いますね。

朝ドラ「おしん」では、頑固な父親で世間から役柄のイメージが伊東さんに定着してしまうほど、「怖い!お父さん」になりました。

その後、朝ドラ「私の青空」でも超頑固親父役。

 

伊東四朗さん「電線音頭」は実は自らの振り付けだった!

プレミアムトークで「電線音頭」の振り付けのエピソードもありました。

有名な振付師がいる中で、伊東さんにスズメは?電線は?と聞かれ、直感的にイメージした動きで決定したそうです。

他の俳優さんではこうもブームにならなかったでしょう。

伊東さんならではのなせる業ですよね。

 

伊東四朗さん鉄誠、等のブルーリボン賞でのスピーチが胸を打つ!

植木等が超人気となり、ブルーリボン大衆賞を受賞するのですが、そのときの鉄誠のスピーチが秀逸!

「息子は若輩者です。海の者とも山の者とも分かりませんが、今後も宜しくお願いします。」とどこまでも謙虚。

売れっ子になれば、当の本人だけではなく家族も価値観を見失いいつの間にか天狗になってしまうこともある芸能界だけに、この言葉は重みがあったでしょうね。

家に徹誠を送るとき、植木は「少しは親孝行できただろう?」と笑いかけます。

 

「オヤジさん」と呼ばせるなら小松のことを考えろ!

 

有頂天で徹誠を家へ送りとどけたとき、植木は、父親から厳しい言葉をかけられます。

「小松(志尊淳)をどう考えているのか?
自分のことしか考えていない。
『オヤジ』と呼ばせるなら、オヤジらしいことをしてみたらどうだ!」と。

 

受賞の浮かれ気分の後に、この言葉をかけられたのは植木にとっても考えるものがあったでしょうね。

 

植木、小松を幕間に出してくれと依頼!

 

植木は、小松を幕間に5分でもいいので出してもらえないかとハナ肇、谷啓に相談しますが、ハナ肇はお客に失礼だと反対します。

一方、谷啓は独り立ちさせたい気持ちに同意して賛成。

結果、ピッタリの役があると言われ出演します。

植木が女装したドレスの中から、小松が褌姿で現れてしまうというコメディでした。

そのときでしょうか?小松は足の指に怪我をしてしまいます。

手当をしてくれたのは、何とオヤジさん。

手当をしながら、さりげなく小松は、着くずれのたびに衣裳部屋へ行かなければならないと思い休みもあまり取れなかった植木のために着付けをマスターしたことのお礼を言います。

こう言った師弟愛の積み重ねで植木等と小松政夫の関係がより深くなっていくわけですね。

まとめ

今回の「植木等とのぼせもん」は、植木等の受賞や小松の成長を交えながら、徹誠の存在をより強くクローズアップさせていました。

毎回ですが、徹誠のさりげない言葉に植木や小松も感じるところがあるので、これからのかかわりも見どころがあるでしょう。

植木等さんをこのドラマで語るとき、徹誠なしには語れないでしょう。

 

 

植木等とのぼせもん見逃し配信はU-NEXT
お試し無料で見れます。スマホOK!

スポンサーリンク