この声をきみに 動画4話 見逃した!無料で見ることができる方法!スマホok

今回は、10月6日に放送された「この声をきみに」4話を見逃した方に完全無料で視聴する方法をお届けしたいと思います。

「この声をきみに」4話完全無料で視聴する方法

 

「この声をきみに」4話動画配信サービスを利用する

現在「この声をきみに」4話の動画配信サービスはU-NEXT
で視聴頂けます。

月額1990円で国内ドラマや映画、アニメなど、U-NEXT
で視聴することができる作品は見放題作品とレンタル配信作品合わせて120000本以上の動画配信サービスですが、なんと今なら31日間タダでお試し視聴することができるんです!

無料登録すれば、見放題作品は31日間見放題。プラス600円分の視聴に使えるポイントがもらえます!このサービスを上手く利用して完全無料でお得に視聴しちゃいましょう!

登録方法も簡単3ステップ!3分程度で視聴することができます。

もちろんスマホでも見れます!

U-NEXT登録方法

  1. 今すぐ無料でお試しをクリック
  2. 氏名、生年月日、メアド、性別、パスワードを入力
  3. 支払方法を選択

無料でお試し視聴開始!

解約方法も簡単です!よくあるなかなか解約できないことは一切ありません!31日間以内の解約で一切料金は発生しません。

 

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

この声をきみに4話 あらすじ

孝(竹野内豊)は家族とよりを戻すため、長男・龍太郎が大好きな詩「くじらぐも」の朗読レッスンに打ち込む。

しかし、空飛ぶクジラを非現実的だと思う孝は、詩の世界に入り込めず、悩んでしまう。

そして、龍太郎たちと会う日がやって来る。

心配する京子先生(麻生久美子)は、孝がいる公園に足を運ぶ。

すると、同じように様子をうかがう奈緒(ミムラ)の姿を見つける。みんなが見守る中、孝の朗読が始まると、奇跡は起こった…。

引用元©NHK

この声をきみに4話 朗読作品

「くじらぐも」作:中川李枝子/絵:柿本幸造

くじらぐも 中川李枝子 (文芸研・教材研究ハンドブック)

「山椒大夫」作:森鴎外

新装版文芸まんがシリーズ 森鴎外:山椒大夫・高瀬舟

この声をきみに4話 みんなの感想

20代女性
竹野内豊さんの低くて落ち着いた声で、毎回、いろいろな作品を朗読しているのが聞けるというだけで、1週間の疲れが癒されるような気分を味わえます。普通、朗読というのは、耳で聞いて、その世界を自分で想像して楽しむものですが、『この声をきみに』では、朗読だけでなく、それを映像化してくれるので、自分で想像するよりも、豪華な映像を見られて、とても得した気分にもなれます。他にも、個性豊かな俳優さんが多く出演していて、朗読を映像化するシーンは、かなり贅沢です。麻生久美子さんも、特徴のある声ですが、竹野内豊さんも言っているように、落ち着く声で、癒されます。他にも、柴田恭兵さんが、ゆっくり優しく話してくれるシーンも好きです。
30代女性
竹野内豊の三枚目っぷりが、何とも可愛らしく感じるドラマです。
決して悪い人ではないんですが、まっすぐで正直で、愛されるべきキャラクターだとは思います。
ただ、彼の家族の気持ちを思うとやはりイライラしてしまいますね。悪く言えば自己中心的で、周りが見えない頭の固い堅物です。
朗読教室へ通ううちに、少しずつ心が変化し、相手の気持ちを理解できるようになっていきます。
彼の気付きや変化によって、子供達への愛情表現も変わり、とても純粋な男性です。
離婚協議中の奥さん(ミムラ)と朗読教室の京子先生(麻生久美子)とのこれからの進展もとても楽しみです。
最終話まで、彼がどれだけ変化し、どんな幸せが待っているのか…必ず見続けたいです。
40代女性
このドラマを見ていると、無性に本が読みたくなる。
主人公の非現実的なことを考えられない頭でっかちな数学者が朗読に引き込まれていくのにつられて、見ているこちらも一緒に引き込まれていく感覚になるのが素敵です。
主人公の竹野内豊さんの声が好きなので、朗読がどんどん上手くなっていってたくさん朗読しているシーンが見たいなと思います。
朗読の時にその話の中に入り込むように別世界にいくように作っていたり、知恵の輪のイラストが入ってきて心情を表現していたり可愛さや見ていてホッコリできるところも嬉しいです。
二話に登場した「ふたりはともだち」は久しぶりに手にとって読みたくなったし、朗読してみようかなという気になりました。改めて本の良さにも気づけたドラマです。
20代女性
竹野内豊さんが地味で冴えない偏屈の数学者を見事なまでになりきって演じていて、今までのイケメンでクールで出来る男というイメージが強かった竹野内豊さんの印象がガラッと変わり驚きましたが、そのギャップがまた大変面白くて楽しめました。竹野内さんが演じている役の男の偏屈さ加減やキャラも「こういう面倒臭い男の人、いるいる!」とドラマを見た人が皆共感できるもので、見ていて思わず笑ってしまいます。個性的で協調性の無いその男とは一見無縁だと思える「朗読教室」との出会いにより、男の心が潤い、少しずつ男の心が変化して成長していくところを見れるのが、このドラマの見どころだと思います。そして、朗読している本の中の世界が、映像で表現されているところも面白いです。見れば見るほどに心が温まるドラマだと思います。

まとめ

「この声をきみに」4話の動画配信サービスはU-NEXTで視聴頂けます。

お試し視聴のサービスもいつ終了するか分かりませんので、この機会にぜひご利用してはいかがでしょうか?

スポンサーリンク