この声をきみに動画7話無料で視聴する方法!スマホで見れます!

今回は、11月3日に放送された「この声をきみに」7話を見逃した方に完全無料で視聴する方法をお届けしたいと思います。

「この声をきみに」7話完全無料で視聴する方法

 

「この声をきみに」7話動画配信サービスを利用する

現在「この声をきみに」7話の動画配信サービスはU-NEXT
で視聴頂けます。

月額1990円で国内ドラマや映画、アニメなど、U-NEXT
で視聴することができる作品は見放題作品とレンタル配信作品合わせて120000本以上の動画配信サービスですが、なんと今なら31日間タダでお試し視聴することができるんです!

無料登録すれば、見放題作品は31日間見放題。プラス600円分の視聴に使えるポイントがもらえます!このサービスを上手く利用して完全無料でお得に視聴しちゃいましょう!

登録方法も簡単3ステップ!3分程度で視聴することができます。

もちろんスマホでも見れます!

U-NEXT登録方法

  1. 今すぐ無料でお試しをクリック
  2. 氏名、生年月日、メアド、性別、パスワードを入力
  3. 支払方法を選択

無料でお試し視聴開始!

解約方法も簡単です!よくあるなかなか解約できないことは一切ありません!31日間以内の解約で一切料金は発生しません。

 

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

U-NEXTユーザーの評価レビュー

20代女性
U-NEXTを利用したばかりですが、昔のアニメや懐かしいドラマなどあり、久しぶりにこち亀を見れて嬉しかったです。
作品を選択する時も、サクサク動いてくれるためストレスは溜まりませんでした。
某動画サイトでは作品を選ぶ時、時間がかかったり、アプリが勝手に落ちたりしていましたが、U-NEXTはアプリが落ちることもなく、視聴できたので凄くいいです。
作品のジャンルも幅広く、洋画、邦画、海外ドラマ、韓流、国内ドラマ、アニメ、キッズ、ドキュメンタリー、音楽やアイドル、バラエティがあるので、テレビが何もやっていない時はU-NEXTを使います。
子供がいるので、家事をしたいから大人しくしてほしい時はU-NEXTに頼っています。
30代女性
他の動画配信サイトも使っているのですが、U-NEXTのよかったと思ったところは、出演演者、監督、オリジナル作品などいろんな角度から動画をおすすめしてくれるところがいいなと思いました。ひとつの作品を見終わると次は何を見ようか迷ってしまうこともあるのですが、自分で探すのもなかなか難しいのでとっても助かります。あとは監督とかキャスト、スタッフの情報も結構詳しくのせてくれているのもすごく助かります。私は結構誰が監督かとか、音楽は誰がしてるのが気になるタイプなので、それも作品を選ぶ理由にもなるので便利です。無料で見れるやつなのか、お金を払ってみるやつなのかも分かりやすく表示してくれているので使いやすし、作品を探しやすいサイトだと思います。
40代女性
U-NEXTを使用した感想は、
実際自分は某会社のビデオサービスを利用した事があり、実際に継続してるものもあります。
実際U-NEXTもその中のひとつです!
私がU-NEXTを知ったのはイオンのなかの映画館の広告でした!
U-NEXTはイオンシネマとの提携をしていて、割引特典なども登録をすれば受けられるとても良いのメリットがあります。U-NEXTなどの同様なコンテナを使用した場合でもなかなかこう言ったサービスを受けれるコンテンツありません!
U-NEXT自体の本コンテンツ!ビデオサービスも、
多数のドラマや映画、などがアップされており大変楽しめる内容になっていま!
自分の中で今一番オススメなビデオコンテンツです!
20代女性
国内ドラマ、映画をはじめ、海外作品やアニメ、芸人のコントライブDVDなどラインナップがとにかく多種多様で飽きがきません。毎月一定額のポイントが付与されるため、有料作品も追加料金を払うことなく見ることができます。
無料作品も有料作品数に負けず劣らずで、休日に1クールドラマ一気見にも最適。ドラマやアニメの最新作も無料で見れる作品もあり、見逃すことが多い私には大変助かります。また、R-18作品も無料作品が大量にあるので、いやらしい話本当に助かってます笑

パソコンだけでなく、アカウントさえあればタブレットや携帯からも利用できるので、外出先や風呂場なども観賞することができ、時と場所を全く選びません。

使用して半年ほどになりますが、今では無いと生きていけないほどU-next Lifeを楽しんでおります。

30代女性
まず、U-NEXTについては、毎月1,000円分のポイントを貰えたのでとてもお得に感じました。また、配信タイトル数が120,000本以上あったので一切飽きることがありませんでした。そして、DVDが発売されるよりも前に配信される作品もあったのでとても嬉しかったです。また、海外ドラマのラインナップが豊富だったので良かったです。そして、漫画や雑誌についても読み放題だったのでとても便利でした。また、ファミリーアカウントを追加することによってデバイスの数を最大で4台まで増やせたので良かったです。そして、オフライン視聴に対応している作品もあったのでとても便利でした。また、動画を購入することができたので良かったです。

この声をきみに7話 あらすじ

 

京子(麻生久美子)の過去を知った孝(竹野内豊)は、衝撃を受けた。

そんな孝は佐久良先生(柴田恭兵)から、彼女を救うヒーローになるのは君しかいないと言われ、戸惑ってしまう。

一方、教室では年一度の発表会を控え、題材選びで盛り上がっていた。

そうした中、孝は邦夫(杉本哲太)に誘われ、ナゾの会合に潜入する。

それは女子禁制の朗読会で、読まれるのはグルメ本ばかり。

美味しそうな言葉の世界に浸り、孝は欲望を解放する。

引用元©NHK

この声をきみに7話 朗読作品

「注文の多い料理店」作:宮沢賢治

注文の多い料理店 (画本宮澤賢治)

「天ぷらそばのツライとこ」作・絵:東海林さだお

「HERO」作詞:桜井和寿

HERO (通常盤)

 

この声をきみに7話 みんなの感想

20代女性
このドラマは毎回いくつかの本の朗読が出てくるので、物語とイメージを映像化してくれるのがほっこりとした気持ちにさせてくれます。数学者で頭の固く本とは対極にあるような穂波が、朗読を通じて徐々に柔軟な想像力に変わっていく姿は見ていて嬉しくなります。朗読教室の京子は過去に影を持つ女性ですが、穂波が朗読に興味を持つにつれて距離が縮まっていく展開が気になります。また穂波は離婚調停中の妻の奈緒に「あなたの声は聞きたくない」と言われて傷ついて悩んでいます。でも朗読を通じて穂波が変わるところが描かれていくので、奈緒の見方がどう変わっていくのかにも注目しています。結果がどうなるにせよ穂波の気持ちが声になって、奈緒に届くと良いなと思います。穂波が妻への気持ちと京子の気持ちとの狭間で揺れ動いていて、どういう選択をするのか目が離せませんね。朗読がドラマの中に上手く溶け込んでいる良いドラマだと思います。

30代女性
主人公の穂波孝は子供の頃から心に「ぽっかり」を抱えていることに諦めのような感情を持っています。人には誰でも言葉に表しにくい心の穴を持っています。常に満たされている人というのはいるとは思いますが、そう多くはないと思います。しかし、この主人公は自分の事しか考えられなかったので、他人も自分と同じ「ぽっかり」を抱えていることに気づいていませんでした。物語後半にきてやっと、この人ももしかしたら?と考えられるようになりました。ドラマということに間違いはないのですが、変にドラマチックな成長の仕方ではなく、主人公が成長するためのリアルな気づきについつい応援したくなります。典型的ダメ男で生理的に受け付けないようなタイプの人間なのにそう思わせない表現やストーリー。素晴らしいドラマです。
40代女性
このドラマのメインテーマでもある朗読を表向きにしたヒューマンドラマですね。朗読を定年後のセカンドライフや趣味にしようとしている人そしてその逆に仕事やプライベートで心身ともに疲れた心を落ち着かせる場として朗読に参加する人などを取り上げてますね。このドラマ凄く感銘を受けたシーンがあります、それは谷川俊太郎の「生きる」っていう小説の一説で「生きているということ、今、生きているということ」を朗読した主人公。このシーンは主人公の心の空洞を埋めた瞬間でしたね。冷え切った心に温かい温もりみたいなものが流れ込んだ朗読のワンシーンです。そして朗読をする側のキャスティングも良かったですね。竹野内豊の低音で遠くまで響き渡る声。そして麻生久美子のクリアで綺麗な透き通った声。この両者独特の持ち味を存分に醸し出したドラマですね。
20代女性
竹野内豊さん演じる孝が、今までの竹野内豊さんイメージと違って、とても不器用で真面目な人ですが、なぜかとても竹野内豊さんに似合っていて楽しいドラマです。
ほのぼのとゆったりとしたドラマの雰囲気は、癒しをくれますが、登場するキャラクターがそれぞれ皆んな濃くて、感情表現が豊かでとても魅力的です。
一流の俳優さんはじめとても豪華なキャストで、みんな良い味を出されてます。朗読を通じて心を通わせ、それぞれの悩みやストレスと向き合って生きていく様が、見ていて面白いです。
ドラマ内で時々イラストを使って説明が入ったりして、ドラマとしては新しい演出で、それがなんとも可愛らしくて癒しをくれる一つで、ほっこりと見れるドラマで好きです。
30代女性
『この声をきみに』竹内豊さんのすこし3枚目の感じ、崩した感じが出ていい感じのドラマですね。ほかのドラマでも昔と違って少し崩したかんじの役作りがホントと最近でははまってると個人的には、思って見てました。ほかのキャストも好きな方が多いです。39歳麻生久美子さんもかわいいし大好きです。ストとリーも地味だけど、話し方、表現の表し方、いわばコミュニュケーション能力この部分の話から話が進められていくのですが、現代ではコミニュケーション悩まれてる方が多いのではないのかなと思って見ておりました。ほのぼのするけど意外と難しい問題をコミカルに描きながら成長していく感じがなんとも面白くて中年の私には元気ずけられるいい作品でした。

まとめ

「この声をきみに」7話の動画配信サービスはU-NEXTで視聴頂けます。

お試し視聴のサービスもいつ終了するか分かりませんので、この機会にぜひご利用してはいかがでしょうか?

スポンサーリンク