民衆の敵 4話でテーマとなった3つの社会問題とは?

2017/10/23(月)から放送開始の、世の中で話題となっている社会問題をテーマとした「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜」。

主人公・佐藤智子(篠原涼子)が中心となって新人市議会議員たちが若い感性を武器に世の中を変えていく、社会派ドラマです。

第4話(11/13放送)では、地域経済がテーマになっています。

詰めが甘く失敗しがちな智子議員に、冷静な周りの議員たち。

そして、ここぞという時に政治的なアドバイスをくれる藤堂誠議員(高橋一生)。新人議員たちのやり取りを通して、関心を持たなければ見えてこない社会現状に興味をもつきっかけを作ってくれました。

今回のテーマとなった、3つの問題を紹介したいと思います。

https://twitter.com/minshuuno_teki/status/932184440142307328

 

民衆の敵4話見逃した方
民衆の敵4話動画はこちらから見れます!⇩⇩

民衆の敵動画4話 無料で視聴する方法を紹介します!スマホOK!

2017.11.13

シャッター商店街の「こども食堂」

岡本遼議員(千葉雄大)の公約は、<商店街再生>です。岡本議員は、地元商店街がさびれていく様子を憂い、再興したいという希望をもって立候補し、当選しました。

ある日の昼食時、商店街にあるレストランに向かうものの“今日も”閉まっています。

仕方なく足を運んだファミリーレストランでは、そのレストランの店主のおばちゃんたちが暇つぶし。

おばちゃんたち曰く、「店を開けているだけで、赤字だよ」とのことです。

さて、第3話で問題提起されたのは、貧困家庭のネグレクトでした。

そこで、かのんちゃんのような<放置子>たちの支援とシャッター商店街の地域復興を結び付けたアイディアが、「あおばこども食堂」です。

藤堂議員をはじめとした議員たちは「急がば回れ」を勧め、決議案を出して根回しをするように言いますが、「まずはやってみよう」と突っ走る智子議員。

案の定、商店街のボランティアたちに支えられた「あおばこども食堂」は、一度頓挫していまいます。

ですが、藤堂議員のアドバイス<必殺技>をヒントに、政治家ならではの方法を用いて、市の政策として再スタートを切ったところでハッピーエンドとなります。

今、「こども食堂」がブームです。

新聞記者・平田和美(石田ゆり子)が智子議員に見せた新聞記事にあるように、一過性のもので終わらせないために何をすれば良いのか関心を持った方も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

こども食堂にたかる「フリーライダー」

「あおばこども食堂」は、近所の方たちからの食材提供や調理などのボランティアによってスタートしました。

商店街に子どもたちの声が戻ってきた、と喜ぶおばちゃんたち。

ですが、早々に立ち行かなくなってしまいます。

疲れ切ったボランティアたちと、列に並び「こども食堂」のスタッフたちにイライラをぶつける子連れの大人たち。

その惨状を見た岡本議員は、「あなたのやっていることは学園祭と同じだ」と見切り発車をした智子議員を責めます。

ボランティアが限界に達し、「もう続けられません」と頭を下げる岡本議員に「パートが始まる前に、1時間もかけて来たのに!」と詰め寄る保護者たち。

その姿を見て、奉仕やボランティアにまつわるフリーライダー問題を思い出した方も多いのではないでしょうか。

フリーライダーとは、人の善意や努力を当たり前に利用しようとする“ただ乗りする人”のことです。

昨今のフジテレビ系バラエティー番組「痛快TVスカッとジャパン」でも取り上げられていましたが、ママ友や近所の人たちを無料の託児所だと勘違いする<放置親>がママたちの間で静かな話題となっています。

子どもたちに向けられた善意の火を消してしまったのは、本当は誰なのか?なぜ、市の政策として福祉を取り上げなければならないのか?を深く考えさせられるエピソードでした。

マスメディアにはびこる「公正な報道」

智子議員のママ友・平田和美は新聞記者です。

後輩の記者が書いた記事に政治対立をあおるような一文があったことから、あおば市議会の中での犬埼派vs.市長派の構図が分かりやすくなった視聴者も多いのではないでしょうか。

和美が調べていくうちに、その一文は一記者の意見ではなく、経営サイドの判断によって付け加えられていたことが分かります。

つまり、新聞記事は中立の立場で事実を伝えているのではなく、“誰か(民意を先導したい人)の主張”が書かれていると、ドラマで描かれています。

この対立は、第4話では「こども食堂」の決議案に関連して可決されるかどうかにかかっていきます。

誰かの意見を丸のみしないように、客観的な目を持つことが大切だと気付かせてくれたエピソードでした。

まとめ

世の中の関心ごとをテーマにした社会派ドラマ。

ご自身も主婦としてママとして仕事も両立されている篠原涼子さんならではのリアル感が満載の、第4話です。

今回の一件を機に市議会内での政治対立が浮き彫りになってくる次回以降。

派閥に入るとはどういうことなのか?が知りたくなった方も多いのではないでしょうか。

民衆の敵4話見逃した方
民衆の敵4話動画はこちらから見れます!⇩⇩

民衆の敵動画4話 無料で視聴する方法を紹介します!スマホOK!

2017.11.13

スポンサーリンク