オトナ高校動画5話無料視聴方法!王子(城田優)の授業は?“童貞は恥ではなく、むしろ誇り”?

11月18日放送のオトナ高校5話を見逃した方に完全無料で視聴する方法をお伝えしたいと思います。

オトナ高校5話完全無料で視聴する方法

 

現在オトナ高校5話の動画配信サービスはU-NEXTで視聴頂けます。

月額1990円で国内ドラマや映画、アニメなど、U-NEXTで視聴することができる作品は見放題作品とレンタル配信作品合わせて120000本以上の動画配信サービスですが、なんと今なら31日間タダでお試し視聴することができるんです!

無料登録すれば、見放題作品は31日間見放題。プラス600円分の視聴に使えるポイントがもらえます!このサービスを上手く利用して完全無料でお得に視聴しちゃいましょう!

登録方法も簡単3ステップ!3分程度で視聴することができます。

もちろんスマホでも見れます!

U-NEXT登録方法

  1. 今すぐ無料でお試しをクリック
  2. 氏名、生年月日、メアド、性別、パスワードを入力
  3. 支払方法を選択

無料でお試し視聴開始!

解約方法も簡単です!よくあるなかなか解約できないことは一切ありません!31日間以内の解約で一切料金は発生しません。

こちらよりどうぞ!⇩⇩⇩

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

U-NEXTユーザーの感想レビュー

20代女性
U-NEXTでいつも映画やドラマを見ていますが、2時間の映画でも一度も画面が乱れることなく観れるので、
集中して映画を楽しめます。
作品の品ぞろえも豊富で、新作は有料ですが映画館で観るよりはお得です。
ワイルドスピードのアイスブレイクや君の名は。をPCで鑑賞しましたが、
テレビで見ていると同じ感覚で観れ、CMがないので時間も短縮され良かったです。
画面操作や設定なども分かりやすくお勧めで、一時停止も出来るので、
ちょっと物を取りに行ったりするときも気兼ねなく出来ました。
無料で4アカウント作れるので、家族でシェアすることが出来るのも利点です。
初めは31日間無料で楽しめ、解約も簡単に出来るので一度お試しで利用してみるのは良いと思いました。
30代女性
U-NEXTは親しい友人に勧められたので、つい先日から体験加入しています。
とにかくコンテンツが豊富で、かなりバラエティに富んだラインナップがあるなーってのが印象です。
特に私はパチンコ・パチスロ系動画の有料サービスを利用していたので、U-NEXTの中で見放題で配信していたのは驚きました。
自分が入っている有料サービスのものはほとんどありましたし、見たかった別の有料サービスの動画も見放題であったので嬉しかったです。
二つ合わせてU-NEXTの利用料金くらいなので、単体で加入するよりお得になります。
なので今契約している有料サービスを解約して、U-NEXTの無料体験後そのまま継続して利用することになりそうです。
まだほかにも見たいコンテンツがたくさんあって見きれてないので、これからが楽しみです!
40代女性
携帯で気軽に見れるのでレンタルショップに行かなくていいのでとても楽です。
育児などや仕事が多忙な人が一息つく時にもおすすめです。
画質も悪くなく、ジャンルもそこそこ揃っているので有料ですが月々払う価値はあるかなと思いました。
無料お試しもしていて1ヶ月間は無料で動画を楽しむことが出来ます。
もし自分に合わないと思ったら解約をその決まった期間内にすれば一切料金は発生しないので初めて利用する人でも気軽に始めることができるのも魅力的です。
私はお試しを体験してみて自分に合っていると実感することが出来たので今も継続して利用しています。
今のところ特に困ったこともないので動画を観るのが好きな人には1度利用してもらいたいサイトです。
20代女性
今回初めてU-NEXTを利用したのですが、最初の印象は「品ぞろえが良い」でした。
トップページには販売されて間もない最新の洋画・邦画がずらりと並んでおり、見た瞬間に圧倒されました。
最新のドラマやアニメの見逃し配信も行われており、日本のサイトでここまでコンテンツが揃っている動画サイトはなかなかないでしょう。
動画の再生に関してはカクつきもほとんどなく、シークもスムーズにできてストレスなく視聴できました。
ただもう少し「高画質」が綺麗だと良かったかなと思います。
残念な点は、定額制の月額料金が必要にもかかわらず、新作などを視聴にはその都度料金を支払わなければならないことです。
オンラインレンタルという触れ込みですから全く問題はないのですが、なんとか定額料金で見れればと思います。
とはいえ国産の映像配信サービスでこれだけの品ぞろえを実現できているのはやはり凄い。
応援もかねて今後も利用し続けようと思います。
30代女性
動画配信サイトのU-NEXTを使ってみて感じたのはここはテレビドラマを重点的に配信している動画配信サイトというイメージがあったのですが
実際に利用してみると邦画も洋画も多くあって映画好きの人も満足できるコンテンツが揃っていると思いました。

またいろんな特集もやっていてその時々で旬の動画をまとめて見れるのが良いと思いました。
よくこの手のサイトを使っているとどの動画を見たら良いか迷ってしまって偏ったジャンルを見てしまうのですが
U-NEXTを使っているとそういう事もなくて本当に良かったと思いました。

なので今でも有料の動画配信サイトでU-NEXTは欠かせない存在となっています。
暇な時にはよくここを利用しています。また海外ドラマも多くあるので海外ドラマ好きにはたまらないです。

オトナ高校5話あらすじネタバレ

 

「オトナ高校」動画5話の内容を紹介します。ネタバレ注意!

https://twitter.com/haruma___0405/status/932174929654456320

新入生は総理の息子?!問題児の新キャラ・岩清水叶役に城田優登場!

オトナ高校では、校長・嘉数喜一郎(杉本哲太)のもと、緊急の会議が開かれていた。

担任の“ペガサス先生”こと山田翔馬(竜星涼)の目下の問題は、合宿で判明した、“ヤルデンテ”川本・カルロス・有(夕輝壽太)の同性愛と、“サショー”こと権田勘助(高橋克実)のED問題。

しかし…校長にとっては、他の生徒のことよりも、新入生・“王子”を自称する童貞・岩清水叶(城田優)のことが優先だ。

彼は、ほかでもないオトナ高校をつくった総理大臣の息子なのだ。

そもそも総理がオトナ高校をつくったのも、息子への教育と孫の誕生を望んでのこと、だとか。

つまり、オトナ高校職員の最大の使命は、岩清水の初体験!なのである。

校長は、副担任・姫谷さくら(松井愛莉)に「自らの手でオトナにして差し上げることも…」とにじり寄る。

そしてさくらも、ボーナスをチラつかせられ、その気になってしまうのだった。

 

教室では、ペガサス先生によるオトナの生物の授業が行われている。

DNAを次世代につなぐ命のリレーである崇高な性行為をもっと大切にするべきではないか…と説いている。

それを聞いた英人(三浦春馬)は、自らの優秀なDNAを残すことは社会貢献である、と思いにふける。

そして、その社会貢献のためにはまず初体験が必要、その相手はさくらか…“スペア”こと園部真希(黒木メイサ)か?

 

そこでペガサス先生の教えを、“王子”こと岩清水がぶった斬る。

なんとペガサス先生の父親は他に女をつくって家庭を捨て、母親はスナックをはじめたものの病をわずらい他界したのだ。

そんな両親をもったペガサス先生が子育て放棄をしない保証はあるのか、子づくりを推奨する資格あるのか…と悪びれもなくペガサス先生の過去を暴露し、授業をボイコットしてしまうのだった。

今度は、さくらの保健体育の授業。

王子は一番後ろでその授業を聞きながら、図ではわかりづらいから、さくらが裸になって教えてくれ、と言う。

さくらは、放課後に個人授業で、と言うが、それを聞いた真希が、先に誘ったのは自分だ、と対抗する。

その女の対決を見た英人は、自分の今カノと元カノが総理の息子を取り合っている、自分ほどのエリートなら総理の息子ぐらいがライバルとしてふさわしい、ならば絶対に負けられない戦いだ…と、勘違いの闘志をひとりで燃やすのだった。

銀行では、取引先の二階堂専務(緋田康人)との会議が行われていた。

来週に控えた海外出張に向けて、総理も期待しているだという。

なんでも専務夫人が総理夫人と旧知の仲とのこと。

さらには息子の王子・岩清水叶のこともよく知っており、幼い頃から音楽に夢中で、政治と女に興味がなく、コンクールで出会った初恋の相手を今だに思っているらしい。

 

教室では、“ヒミコ”こと斑益美(山田真歩)が、男子生徒の制服を着ていることで、副担任・持田守(正名僕蔵)に注意を受けていた。

ヒミコは、男性を愛するヤルデンテの気持ちを少しでも自分に向かせようと必死なのだ。

持田の説得を聞いていた王子は、男がズボンで女がスカートというのは性差別だ、と割って入る。

すると持田は「さすが王子。グローバルな視点をお持ちだぁ」と言う。

「そもそもSEXするもしないも本人の自由なのに、なんでこんな学校があるのか俺にはまったく理解できないし、その校則もカリキュラムもバカバカしいっすよね!」と続けると、掲げられた校則の額を投げ、貼られたカリキュラムの時間割を破く。

さらには教室の中の書籍や書類を投げ落とし、壁時計を落とす。

それを止めようとした持田だったが、王子に愛人が5人いることは教育者として不健全だと指摘され、教室から出ていくように言われてしまうのだった。

https://twitter.com/U_and_Yuya/status/932254961995472898

 

王子(城田優)の恋?授業はどんな内容?“童貞は恥ではなく、むしろ誇り”?

持田が教室から出て行くと、壇上にあがった王子は、君たちは本当に性経験を望んでいるのか、と教室の生徒たちに問う。

「処女・童貞が恥ずかしいとかいうおかしな風潮に流されているだけなんじゃないですか?」と続けた王子は、黒板に“オトナの世界史<処女・童貞の偉人達>”と書くと「授業をはじめます」と言った。

そして王子の授業は始まった。なんでも“アンデルセン”、“ルイス・キャロル”、“ベートーベン”は童貞だったそう。

「童貞は恥ではなく、むしろ誇りなんだ」と言う王子。

王子はさらに「だからこんな学校は必要ないし、君たちはそのままでいい」と授業を進める。

それに納得しそうになった英人だったが、ライバルの言葉に耳を傾けてはならない、と「王子は恋をした経験はないんですか」と発言した。

一瞬無言になった王子だったが、口を開くと、一度だけ恋をしたことがある、しかし愛欲を満たそうなんてことではなくただ想い続けるだけ、だからこの恋は永遠…と告白した。

続けて、その想いを音楽作品に昇華させて音楽家として未来永劫、名を刻む道を選んだのだと言う。しかしその作品は頭の中にあるだけ、らしい。

王子が自己陶酔しているところにヒミコは、「不滅の恋人・エリーゼのために童貞を貫いた名曲を遺したベートーベンを気取ってるつもりかもしれないけど、ただのモテない無能の、音楽家崩れでしょ」と切り込んだ。

その言葉に王子は君になにがわかる、と捨て台詞を残して教室を出て行ってしまった。

真希と英人がいい雰囲気?ホテルの誘われた英人はどうする?

真希に誘われた英人は、ラブホテルの前までやってきた。

しかし、初体験のかわりに、英人の取り組む仕事のひとつであるニューヨークプロジェクトの件で、真希の会社が優位になるように進めてほしいと言われ、英人は困惑する。

SEXと引き換えに仕事に手心を加えるなんてトップバンカーのすることじゃない…とホテルの前まで来て二の足をふんでしまったせいで、真希は「相変わらずつまんない男ね」と、英人に愛想をつかして行ってしまう。

今度はそこに、さくらまで現れて、真希とさくらの二股をかけたことを理由に、さくらにまでふられてしまった。

「モテてたつもりだったのは、ただのひとりよがりだったのか…ひょっとして僕に魅力がない…?」と意気消沈する英人の元に、権田から電話が入る。

なんと王子の初恋の相手がわかったというのだ。

 

その相手とは、王子と中学3年の時にコンクールで争った美人女子で、あだなは“エリーゼ”。

今でも王子の曲ができあがるたびに、エリーゼに送ってくるらしい。

そして権田とともにたどり着いたのは“名曲喫茶・エリーゼ”。王子は毎晩のようにここに通っているとのこと。

店内に入り、王子の姿を見つけると、権田は王子に“エリーゼ”と連絡がとれた、会ってみないかと声をかけた。

すると王子は余計なことをするな、と拒否をする。

そこに英人が本当は会うのが怖いんじゃないか、その気持ちは自分にもわかる…と童貞同士である自分と王子を重ね合わせて王子に話しかけた。

王子は黙って英人と権田の言葉を聞いていたが、おもむろに口を開くと、これまで同じ話をされて反発ばかり繰り返してきたが、同じ童貞の英人と権田に言われると素直に聞ける、とこれまでとはうって変わったような言葉を口にした。

そして唐突に「男の約束ってしたことある?ほらなんかみんなで“絶対告白するぞ”とかって、友達同士で誓い合うやつ。俺、友達いなかったからやったことなくてさ」と王子は言う。

権田は「じゃあやってみるか」と言うと、親指を立てて手を突き出し、そして英人と王子の手もそこに寄せられた。

権田は西野小春(逢沢りな)に童貞でEDあることを告白しなきゃな…とつぶやいた。

 

そこにヤルデンテが現れた。

彼は英人を想うあまり、英人の行く先々に出没し、英人への想いをアピールしてきた。

しかし、英人はそのストーカーのようなヤルデンテを見ても、彼のことが怖くない自分を知る。

そして、それがヤルデンテが初めてできた友達だからだ…と気づくのだ。

ヤルデンテは「チェリートくん、これ」と言って白い紙を渡して、そそくさと去ってしまう。

その紙には「明日の放課後、体育館の裏で会いたい」と書かれていた。

 

ヒミコのヤルデンテの恋心はどうなる?

EDの権田と、同性愛者のヤルデンテの進退がいろいろと噂されていたが、退学という判断にもなるのではないか…とニューヨーク出張の控える権田は期待感を募らせていた。

そこへペガサス先生が現れ、2人の今後を告げる。

ヤルデンテは同性でも性経験ができればいい、ということで残留、そして、権田のようなEDをかかえる生徒こそ学校のバックアップが必要と判断され…期待むなしく権田も残留。

そしてペガサスは王子に敬意を表して、今日は音楽の授業をすると言う。

その内容は、オトナ高校の校歌制作。今日1日は校内を自由に歩きながら、自分と向き合い、未来を想って、校歌にふさわしい言葉を探せ、と言う。

 

ヤルデンテがジャングルジムの上でひとりでいるとヒミコが近づいてきた。

自らの子供を野球選手にするのが夢、と言ったヤルデンテに、ヒミコは全部受け止める、そういうのも認めたうえで自分がヤルデンテ君の子供を…と言うも、ヤルデンテに遮られる。

「やっぱり俺、女性と付き合う能力ないみたいだからさ」と。

そう言われたヒミコは「聞いてくれてありがとう」とヤルデンテの前から走り去った。

その先には、2人の様子を窺っていたペガサス先生の姿が。

失恋しちゃった、と言うヒミコに、ペガサス先生は「クラスの中ではあなたが一番頑張っています」と声をかけ、そしてヒミコの前髪をかきあげると「前髪、あげたほうが似合うと思いますよ」と、ヒミコのおでこに優しく触れるのだった。

 

 

 

 

教室では権田が小春に電話をかけていた。真実を話したのだ。

今まで本当にありがとう、と言って電話を切ると、そばにいた王子が「サショーさん、カッコよかったっすよ」と声をかけた。

 

ヤルデンテの英人への想いはどうなる?まさか英人が…?

英人は、ヤルデンテに渡されたメモの通り、体育館の裏に行く。

友人としては良くても恋人には…しかしヤルデンテの告白を断れば英人にとって初めての友人を傷つとけることになる、と英人は悩む。

しかし同性同士の経験でも卒業…と言ったペガサス先生の言葉を思い出し、思いきって…これもあり…?という思いも浮かぶ。

その場にいたヤルデンテは英人の前に歩み寄ると、英人の手をとり「目を閉じてくれるかな」と声をかけた。

これは…ヤルデンテが英人に伝授した過去を洗い流す秘技…!!

 

目を開けるとヤルデンテは「ありがとう!」と言うと、英人に抱きつき、その背中をたたいた。

そのヤルデンテの行為に、自分がヤルデンテを受け入れたことになってしまったのか、と勘ぐった英人は、なんとも言えない表情を浮かべ、ヤルデンテから逃れようとする。

「ムリムリムリ。やっぱり男は無理だって」。

ヤルデンテは英人のその様子に笑うと、自分が英人を好きになったことは忘れてほしい、と言うのだった。

そして「これからもこの学校で最っ高の友達でいてほしい」と言って差し出されたヤルデンテの手を、「君は僕の初めての友達だもの」と英人はその手を握り返すのだった。

そして、そこに王子が現れた。なんと王子は初恋のエリーゼと日曜に会うことになった、と言う。

 

https://twitter.com/ineineo_1008/status/931898365314338816

 

「オトナ高校」5話の卒業生は?そして英人に衝撃の展開が!

そして…週が明け、校歌が完成し、王子の伴奏で生徒たちが歌う。歌い終えると、ペガサス先生から王子に卒業証書が差し出された。

王子は、初恋のエリーゼと15年ぶりに再会し、なんとその日のうちに初体験を済ませてしまったのだ!

「ここは最高の学校です。みんなありがとう」と王子は言う。

https://twitter.com/roseelisa15/status/932232775452602368

https://twitter.com/junjuntm/status/931909057698336769

 

 

 

王子から英人の活躍をきいた真希は「チェリートくん、ちょっと変わったね」と声をかけた。

その言葉に英人は「あのさ、今夜、電話していいかな」と真希に言い…そしてその光景をつまらなさそうな表情で見つめる、さくらの姿…。

 

夜になって真希に電話をする英人。

先日のラブホテルの誘いにのってもいい…と英人は言う。

「でもあなた、“愛情を確かめてからじゃないと”、って」と先日の言い訳を持ち出されるが「実は僕…正直に言ってもいいかな」と英人は言う。

「こないだから何をしてても、君を思い出してしまうんだ。今の言葉に嘘偽りはないよ。君は謎に満ちてる。それが僕を引きつける。君の心の迷宮の謎を紐といてみたいんだ。だから今夜…」と言っている間に真希との通話は切れてしまった。

再度、電話を掛け直すが…真希は出ない。

そして、英人の目には、真希が権田の手を引いて、ホテルへと入って行く姿が入った…。

 

さらに英人には試練が待っていた。

会社のロビーでひとり佇んでいると、同じチームの女性2人が何かを見て笑っている。

「権田部長…」という言葉が聞こえてきたのが気になって、英人はその2人の背後から、手元の覗き込んだ。

なんと手元にあったタブレットには、王子のツイートが映し出されている。

「オトナ高校最高〜〜 そこで出会った人生最高の仲間。オレらズッ友」という文言、そして王子と英人と権田のピースした写真が、その言葉には添えられていた…!!

 

「オトナ高校」5話の感想!あれ?恋の予感がちらほら…?

 

王子は15年も想い続けたエリーゼと初体験を成功させ、卒業していきました。

まさに嵐のようにやってきて、嵐のように去っていきました。

とんだ乱暴者の坊ちゃんでしたが、卒業する頃にはガラリと人が変わっていましたね。これもオトナになった証拠なんでしょう。

しかし…王子の思い人には、もっとひねりがあるのかと思っていました。

すっごい年上とか、実は男性だったとか、実はリアルな人間ではなくて2次元のキャラクターだったとか…と予想していましたが、普通の適齢期のリアル女性だったようです。

なんだか物足りない気もしますが、これで王子も無事に卒業してしまいました。というか…卒業早すぎますね…。

何となく英人は真希への気持ちに傾き始めているようです。

しかし、真希は権田部長とホテルに…?気になるのはヒミコです。ヒミコの存在感が増してきました。

まさに普通の恋愛ドラマのようなヒミコとペガサス先生のシーン、胸キュンの女性漫画を狙ったような展開に、ドキドキしてしまいました。

 

 

オトナ高校 みんなの感想レビュー

20代女性
好きな俳優の三浦春馬さんが主役ということで始まる前から楽しみにしていたので1話目の日が来るのが待ち遠しかったです。
高校という設定ですが大人だらけでしかも普通の高校と同じように制服を着ている点が違和感もありますが、こういう趣旨の高校の設定のドラマも珍しいので新鮮です。
もし実際にこういう高校があれば絶対に入りたくないとは思いましたが。
途中からSKE時代からファンだった松井玲奈さんが出演し始めて余計に楽しみになりましたし、春馬さんがいつ誰と初体験する事で卒業できるのか興味津々です。
朝ドラでは爽やかで親切な警官を演じていた竜星涼さんが、このドラマでは上から目線で物を言うかなり嫌味ったらしい役なので、ギャップにびっくりしています。
もちろんどちらもドラマでの役柄なので彼の本当の性格はわからないのですが、短期間でこれだけ違う役を見せられるとまるで別人のように思えてしまいます。
30代女性
大人限定の学園ものという発想が斬新で面白いと思います。普段は二枚目のイケメン役が多い三浦春馬さんが、童貞をこじらせたエリート銀行マンという、完全な三枚目の振り切った演技をしているのがすごいです。
他にも不倫ばかりしているキャリアウーマンや二次元にしか興味がないオタク女子など、癖のあるキャラばかりですが、実際にいそうな感じなので、妙にリアリティがあります。恋愛下手な生徒ばかりのせいか、学生特有の普通っぽい授業風景や初々しい恋愛シーンもあって、ちゃんと学園ものとして成立しているところが魅力的だと思います。
国家が本人の承諾なしにプライベートな部分にずかずかと踏み込んでいける世界は、ちょっと怖い気もしますが、毎回予想外の展開になるので、三浦さん演技英人が無事卒業できるのか、どんな結末が待っているのか楽しみです。
40代女性
ここ最近では非常に面白いドラマで、ありそうでなかった、作れそうで作れなかった内容かなと思います。やや深夜にやっているということもあり、着眼点が面白いです。
普通の恋愛やコメディドラマとは違って、性の観点を重くなくコミカルに見ている人を不快にさせない作り方が上手です。性交渉未経験の30歳以上を対象に国が本当のオトナになるための学校を設立するというぶっ飛んだ設定にまず大笑いですが、そこに入学してくる男女もまた、個性豊かで大爆笑です。毎回いろんな課題やカリキュラムが生徒たちを襲い、てんやわんやの爆笑の渦に巻き込みます。とんでもない思考や行動に出るので毎回お腹を抱えて笑っています。三浦春馬の振り切った演技が最高で、彼に対する見方が変わり応援したくなりました。全く別の方向からのアプローチに意外と恋愛下手な人には納得できたり共感できたり、ほんの少しでも参考になるところがあったりするのではないかなと思いました。
20代女性
折角エリートイケメンなのに女性経験がゼロという残念な青年・荒川英人(三浦春馬氏)に、突如似たような人達を一同に介し恋愛の再教育をするその名も「オトナ高校」に入れられてしまう馬鹿馬鹿しさが堪りません。それが国を挙げての壮大な一大プロジェクトである、というのだから笑わずにおられましょうか。荒川氏だけでなく、イタ重処女・園部真希(黒木メイサ氏)の様などうにも場違いと思える面子もいて、思わず「嘘つけ!」と突っ込みを入れたくなる所が、このドラマの売りではないかと思えてなりません。そこに荒川氏の上司・権田勘助(高橋克実氏)まで招集されていて、色んな要素が渋滞している展開はまさに喜劇でしかありません。首尾良く男女の深い仲になれないと卒業出来ないルールなのですが、一見難しくない様に思えて実は大人であるが故の余計なプライドが彼らの卒業を阻んでしまい、中々進展しない恋の手解きは悲哀より笑いを誘います。
30代女性
童貞、処女、セックスなど、家族と見るには気まずいワードが飛び交うので絶対に1人でこっそり見ようと思っていたのですが、3話目を見終わった今では家族みんなでハマって一緒にリビングで見ています。今までと違った三浦春馬の演技がとても面白くてつい笑ってしまいます。話のメインはもちろん性交渉を経験してオトナ高校を卒業することではありますが、LINEのやり方やコミュニケーションの取り方などの恋愛心理学的な話もあるため、「なるほど」と発見することがあったり「こういう人いるいる」と共感出来たり、想像以上にためになる内容だなと思いました。副担任のさくらちゃん(松井愛莉)が何を考えているのかいまいち掴みきれていないため、これからどんなアクションを起こしていくのか楽しみにしています。

まとめ

現在オトナ高校5話の動画配信サービスはU-NEXTで視聴頂けます。

今なら初回無料登録でお試し視聴できます!このキャンペーンはいつ終了するかわからないので、この機会にぜひお試ししてはどうでしょうか?

スポンサーリンク