きみが心に棲みついた|動画4話|VOD動画配信サービスまとめ

今日子は星名に企画が通ったらデートしてほしいと頼み、星名は分かったと言うがまさかの今日子は企画から外されそうになり星名に嘘つきと言った。そんなきみが心に棲みついた4話を見逃した方に無料で視聴できるVODを紹介します。


きみが心に棲みついた無料動画配信一覧

2月13日現在の状況です。

放送終了後1週間以内の場合
TVer
VODお試し無料登録で視聴する。
TSUTAYA DISCASでは30日間無料お試しキャンペーン中です。

ビデオマーケットは一ヶ月の無料お試しキャンペーン中です。

auIDをお持ちの方はau公式/ビデオパス
で30日間お試し視聴できます!

 

きみが心に棲みついた4話あらすじネタバレ

きみが心に棲みついた4話のあらすじネタバレを4つのポイントに分けて紹介します!

ネタバレ注意です!

ポイント1 星名にお願い

前回、吉岡里帆さん演じる小川今日子は向井理さん演じる星名漣に過去に今日子は星名にずっと側に居ると言ったが、今日子は星名の前から姿を消しその事で星名は今日子に償えと脅した。

その償いはイベントで今日子が新作のランジェリーを着て出ろという事で、今日子は星名に何も言えず下着姿でお披露目した。

星名は気分良さそうに今日子を見て、今日子の先輩でデザイナーの瀬戸朝香さん演じる堀田麻衣子は驚いて焦り今日子の同僚で星名の事が好きな石橋杏奈さん演じる飯田彩香は、何あれと今日子をバカにする。

するとイベントに来ていた桐谷健太さん演じる吉崎幸次郎とムロツヨシさん演じるスズキ次郎も今日子が下着姿で歩いてるところを見て驚く。

中々うまく歩けていなかった今日子はこけてしまい、吉崎はスズキを連れて壇上に上がり場の空気を変えてその間に吉崎は今日子に最後までちゃんとやれと言って、手を差し伸べた。

だがそれを見ていた星名は腹を立てた。

そして後日、今日子は星名を見掛けてイベントの事を謝った。

星名はよく頑張りましたねと言って褒めてくれた為、今日子も嬉しくて星名に今回の企画もし今日子が勝ったらデートしてほしいと頼んだ。

すると星名はあっさりいいですよと言って、今日子も大喜びするが星名は裏できょどこの癖にと呟く。

 

ポイント2 企画から外される!?

 

現在今日子が働いてるところでは、新ブランドを立ち上げる為にチームが作られている。

チームは堀田と堀田と同期でメンズ担当の鈴木紗理奈さん演じる八木泉の2チームがあり、元々堀田のとこには今日子が入る予定だったが上の方針で今日子は外されてその代わりに飯田が入った。

そして八木のチームには今日子が入る事になるが、八木の性格はきつく今日子とは全く合わなかった。

そこで今日子のとこにはMDとして星名も加わる事になったが、星名から企画が通るのは2チームのうちの1チームだけだと言われてしまった。

堀田と八木は元々ライバル同士で八木は一度堀田に負けてレディースからメンズに異動になってた。

そして堀田のとこは何とか企画も進んでいたが、八木のところは八木と今日子が中々合わず企画も全く進んでいなかった。

今日子は八木にデザインを渡されてそれに合った生地を探して、八木に見せるが八木は納得いかずボツにされた。

それを見ていた星名は堀田の方は今度試作品を作って提出しますがと言って、このまま進まなければ今日子を切る事も出来ますがと言うと八木はそしたらどないすんねんと聞くと、飯田に掛け持ちしてもらうしかないと星名は言った。

その頃今日子は落ち込んでいると堀田が来て、今日子が企画から外されて飯田が掛け持ちになるかもと聞いて、今日子は余計に焦ってしまい星名に仕事だけは奪わないでと泣きつくと、星名はお前の頑張り次第だなと言った。

 

ポイント3 ライバル対決

 

八木からデザインを渡されて必死に今日子は生地を探し回って、八木に見せるが八木は気に入らず文句を言うと今日子はコストに合わせていい生地を選ぶならこれが1番無難だと言い、八木はその言葉が気に食わずブチ切れた。

今日子は急いで新しい生地を探してくると言うと、星名がやってきて堀田のところは今度試作品を出してもらいますが間に合わないなら今日子を外すと言った。

八木は今日子の代わりに誰がとなると星名は飯田に堀田のとこと八木のとこを掛け持ちしてもらうしかと言った。

そして今日子は堀田から自分が企画から外されそうな事を知り、必死に生地を探していると風邪を引いてしまい八木に休むと言うと一生休んどけと言われてしまった。

落ち込んでいた今日子は吉崎と会った時に仕事の話をして、吉崎から色々言われてその日はそのまま帰ったが体調を崩した今日子は吉崎に吉崎の言ってる事は綺麗事だとたくさんのメールを送って、吉崎は心配して今日子を呼び出した。

今日子は吉崎からの電話に謝りながらも吉崎の言葉に勇気づけられて、再度プロジェクトに取り組む。

完成した試作品を発表する事になったが今日子達の試作品よりも堀田達のが上回り、今日子と八木は負けたと思った。

星名も飯田が選んだ生地を気に入り、八木に今日子を企画から外すのかどうするのか聞くと八木は飯田の生地もいいが先が見えないと言って、今日子のままでいいと言った。

 

ポイント4 吉崎に救われる今日子

 

これまで今日子は星名に縛られてきた過去があって、自分を変えようと必死な時に吉崎と出会った。

星名は今日子とは真逆で自分に意思があって何でも言えるタイプだった為、今日子はこの人となら自分を変えられると思って吉崎に好きと告白するも相手にされなかった。

だが今日子が下着姿になった時吉崎は誰よりも1番に今日子を助けてあげて、今日子はありがとうと言って吉崎は何があったのか聞くが何も答えず今日子は、これ以上私に付きまとわないでくださいと泣きながら吉崎に言った。

だがその後吉崎は元カノの映美に会い突然キスされたところを今日子に見られてしまった。

お互い何も言わず話しかける事もなくスルーして終わったが、以前今日子が脱ぎ捨てていったヒールを今日子に返したかった為、今日子は吉崎の元へ行きヒールを返してもらってそのまま会社へ帰ってしまった。

その後も吉崎は仕事に集中する事が出来ずにいたが、突然今日子からたくさんのメールが届いて吉崎は今日子を心配して電話し呼び出した。

今日子はその日風邪ひいていて八木に休むと連絡したら一生休んどけと怒鳴られてしまう。

だが今日子は仕事の事で吉崎に全て話すと、親身になって吉崎は今日子にいろんなアドバイスを言ってあげて今日子は急いで会社へ戻り何とか企画は無事に終わった。

その報告を今日子は吉崎に伝えて自分の事のように喜んだ吉崎は、今日子に他社ブランドの撮影会に一緒に行かないかと誘った。

そして今日子と吉崎は他社ブランドの撮影会へ行くと、そこには星名の姿もあり動揺する今日子。

すると星名が仕事の件で話があると今日子を連れて行こうとすると、吉崎が仕事の話しは会社でしてもらっていいですかと言って今日子を連れて去っていった。

すると星名はやってくれるじゃないか吉崎と怒った。

今日子と吉崎はもう終わりかと思っていましたが、4話でまたもや復活してきましたね。

そして星名は吉崎の言動や行動に腹を立てるようになりますが、この吉崎と星名の直接対決はとても楽しみです。そして星名の過去もいつどこで出てくるのか、お見逃しなく。

きみが心に棲みついたみんなの感想

20代女性
下着メーカーで働く女性・小川今日子(吉岡里帆氏)の勇気と恐怖な物語であると思いました。本人は仕事は出来るのに引っ込み思案な性格であるが故、中々認められる機会に恵まれないダメっ娘の典型ですが、吉岡氏がその役をやる事でドラマが成立していると思います。その気弱な部分の原因になった学校の先輩・星名漣(向井理氏)からの執拗なDVシーンは男が見ても寒気がしました。イケメンの向井氏が堂に入った強かぶりに、心地良い恐怖心を味わう事が出来ます。そんな過去(今で言う黒歴史)と決別したい小川氏に何時までも付きまとう星名氏のしつこさがまた恐怖を煽っていますね。そんな小川氏を気になり出す吉崎幸次郎(桐谷健太氏)との恋の行方も気になりますし、その事を知った時の星名氏が黙っている筈はないでしょうし、どんな嫌がらせをして来るのか考えるだけでゾワゾワッとなります。
30代女性
出演されている向井理さんは今まで好感度の高い役柄が多いイメージだっただけに、今回の冷徹な男性、星名はインパクトが強いと思いました。
外面は良くて穏やかに見えるのに目が笑っていない、という演技がとても上手くて、新たな俳優としての魅力に溢れていました。
個人的な向井理さんファンとしては、これはこれでありと思ってしまうような魅力的なキャラクターでした。

早くもキョド子を翻弄しつつある星名ですが、飴と鞭の使い分けでこの先もますますキョド子の心をかき乱していくように感じます。
桐谷健太さん演じる吉崎と全くタイプの違う男性二人ですが、キョド子の揺れ動く心がリアルで、多くの女性の共感を得るドラマになっているという印象です。

40代女性
第1話が衝撃的な内容でしたね。向井理さんのキャラクターがかなりぶっ飛んだ性格をしていました。番宣CMを見た時は、「主人公の吉岡里帆が向井理と桐谷健太のイケメン二人に言い寄られて振り回される三角関係ドラマ」だと思っていました。その予想も大きく外れてはいなかったんですが……まさか向井理さんの演じる「星名漣」があんな非道な人物だったとは。ドSとかツンデレとかいったものとは全然違うクレイジーさを見せられました。あんなヤバい奴に目を付けられ、あまつさえ依存してしまっている主人公が可哀想でなりません。彼女が無事に星名の魔の手から逃げきって、桐谷健太さんのキャラと一緒に幸せを掴み取れる日が来るのを願うばかりです。
20代女性
主人公はもしかしたら、吉岡里帆演じる小川今日子ではなく、向井理演じる星名漣ではないかと思うほど、向井理の役柄が強く印象に残るドラマです。ジャンル的にはラブストーリーとなっていますが、DVホラーの様相が強く現れる一方で、ラブコメディと言える場面も多く、ホラーとコメディーが数分おきに切り替わりながら物語が進むことにより、視聴者を飽きさせないドラマに仕上がっています。
そんなドラマですが、奥には依存症に関しての問題も取り扱っているように見えるので、今後の展開がとてもきになります。また、息をつく暇のないストーリー展開の中で、ムロツヨシ演じるスズキ次郎が登場するとほっとするところは、この役者さんの良さをうまく引き出しているように感じます。
DV経験のある方には、見るに堪えない場面も多くあるとは思いますが、DV被害や過去のトラウマにとらわれている人を応援する面も感じられるドラマなので、多くの人に見てほしいと感じました。
30代女性
恋愛経験の少ない吉岡里帆が昔付き合っていたがDVを受けていてでもどこかその人を忘れずにいて会いたい人でもあり会いたくない人である向井理と合コンで出会って一目惚れをした桐谷健太との三角関係のドラマであり1話2話を見て今後どうなって行くのだろうと思わせてくれるドラマだった。視聴者側からはやはり向井理には痛い目にあって欲しいと思うような存在であり、桐谷健太に守って欲しいと思わせる絶妙なキャスティングと思った。向井理はイメージも良くて今までもいい人の役が多かったような気がする。しかし今回のように全く違って悪人のような役もすごく似合っていてそこも今後の注目ポイントになることは間違いない。そして吉岡里帆がどう変わって行くかが楽しみなドラマである。




スポンサーリンク